母体行責任

法人保険用語辞典

母体行責任

母体行責任とは

住宅金融専門会社(いわゆる住専)向け不良債権処理において、住専の設立母体銀行に対して住専の債務全額を引き受けることを求められたときの根拠で、「母体行主義」とも呼ばれる。母体銀行は子会社である住専と人的にも経営上も密接な関係にあったとして、大口債権者である農林系金融機関が母体行に対して要求した。一方、母体行側は債権額を負担の限度とする通常の貸し手責任を主張した。結局、母体行はその債権を全額放棄したうえで、残りの住専の債務に対しても「応分の負担」をするという「修正母体行主義」で決着した。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。