死亡表(mortality table)

法人保険用語辞典

死亡表(mortality table)

死亡表(mortality table)とは

生命表ともよばれ、通常ある年齢層(例えば0歳児の集団)のある人数(例えば10万人)について生存者が0人になるまでの各年の死亡、生存の状態を統計に表したもの。そこでは、生存数、死亡数、生存率、死亡率、平均余命等が年齢ごとに示され、生命保険料率算定の基礎となる。死亡表はそれを作成する材料によって、国民表と経験表に2大別される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。