業法

法人保険用語辞典

業法

業法とは

経済・産業界について、業種ごとの法律が制定されている場合があり、これを業法という。銀行業に対して制定されている銀行法などはその例である。経済・産業活動は本来、自由であるが、公共の利益をはかるうえで自由な活動を制約する必要のある場合が生まれたり、政策上、ある業種に行政介入することが望ましい――という場合などに業法が制定される。監督官庁は、この業法に基づいて行政指導を行うことになる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。