業態別子会社方式

法人保険用語辞典

業態別子会社方式

業態別子会社方式とは

銀行・証券・信託の分離といった業務分野規制の緩和のため認められた相互参入の形態。すなわち、1993年の「金融制度および証券取引制度の改革のための関係法律の整備等に関する法律(金融制度改革関連法)」施行に伴い、銀行、証券会社、信託銀行は、それぞれの業務に特化した子会社を設立することにより相互参入が認められた(ただし、地銀等の地域金融機関については、地域金融機関本体、および代理店方式による信託業務への参入が認められた)。

もっとも、こうした子会社の業務範囲には制限が課されている。例えば、証券子会社における株式の発行・流通といった株式関連業務や、信託子会社における貸付信託、年金信託等は取扱可能業務から除外されている。なお、証券子会社については、親金融機関との取引、人的交流、顧客情報の提供等を一定範囲内にとどめるといった規制(ファイア・ウォール)が講じられている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。