棚卸評価損

法人保険用語辞典

棚卸評価損

棚卸評価損とは

棚卸資産について発生した評価損。発生する場合として、①棚卸資産に低価基準を適用、②棚卸資産の時価が著しく下落して回収の見込みがない、③棚卸資産の品質低下、陳腐化――などがあげられている。

その処理は、①低価基準適用による評価損は売上原価の内訳項目または営業外費用、②時価の著落による分は営業外費用または特別損失、③品質低下などに基づく場合は原価性があれば製造原価、売上原価の内訳項目または販売費とし、原価性がないときには営業外費用または特別損失として、それぞれ処理する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。