株式店頭取引

法人保険用語辞典

株式店頭取引

株式店頭取引とは

取引所外で行われる取引をいい、専ら証券会社の店頭で売買される。ここで取引される銘柄を店頭銘柄というが、その多くは、日本証券業協会が管理する登録銘柄・店頭管理銘柄となっている。

店頭取引においては、委託(顧客から委託された証券会社が他に取り次ぐなどして顧客の計算において成立させる取引)または仕切り(証券会社が自ら顧客の相手方となって成立させる取引)の形式により、証券会社間または証券会社と顧客との間で相対売買により行われる。証券会社は、これらの銘柄の売買の媒介を専門に行う日本店頭証券株式会社に委託して売買尻を調節する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。