東京オフショア市場

法人保険用語辞典

東京オフショア市場

東京オフショア市場とは

オフショア市場とは、一般に、非居住者を取引相手とする資金の運用・調達(いわゆる「外-外取引」)を、金融・税制上の制約が極めて少ない自由な環境下で行うことのできるように設けられた市場のことをいう。

日本においても、円の国際化を推進するためには、金融自由化に加え東京市場の国際化を図ることが重要であるとの考え方に基づき、1986年12月に東京オフショア市場(Japan Offshore Market:JOM)が発足した。

JOMは、国内市場とは切り離したうえで一定の国際金融取引に対して優遇措置を適用するという「内外分離型」の市場であり、市場に参加する銀行はオフショア取引専用の特別勘定(特別国債金融取引勘定)を設け、経理上は、この特別勘定をその他の勘定(一般勘定)と区分のうえ管理することが義務づけられている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。