未収収益(accrued revenue)

法人保険用語辞典

未収収益(accrued revenue)

未収収益(accrued revenue)とは

たとえば、家賃の受取が遅れてまだ入手できていなくても、これをその期の損益計算に収益として慶所うするが、こうした収益を未収収益という。つまり、契約に従って継続して役務を提供することになっており、役務はすでに提供したが、その代金の支払いを受けていない場合に発生する。未収家賃、未収利息などはその例。未収収益は、当期の損益計算に計上するとともに、貸借対照表の流動資産のところに記す。未収金は役務提供契約以外に基づくものであり、区別して扱われる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。