有価証券の強制評価減

法人保険用語辞典

有価証券の強制評価減

有価証券の強制評価減とは

有価証券の時価が大幅に安くなったときに、時価評価を強制する。

①売買目的有価証券以外の市場価格のある有価証券の時価が著しく下落し(50%以上、30%~50%の場合も検討)、回復する見込みがない場合には、時価評価し、評価差額は当期の損失とする。
②市場価格のない株式の場合、会社の財政状態が悪化し、実質価額が著しく低下したときは、相当の減額をし、評価差額は当期の損失とする。有価証券の減損処理とも称せられる。次項の「有価証券の時価評価」と比べ、適用の範囲が広く、下落率も大きい。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。