最適通貨圏の理論

法人保険用語辞典

最適通貨圏の理論

最適通貨圏の理論とは

複数の国が相互に為替レートを固定することにより形成される通貨圏の大きさをどのように決定するのがよいかを分析するのが最適通貨圏の理論である。マンデルらの議論では、①生産要素の移動が容易、②生産物に占める相互間の貿易品のシェアが大きい、などの条件が整っている地域は1つの通貨圏を構成うることが望ましいとされている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。