最終仕入原価法

法人保険用語辞典

最終仕入原価法

最終仕入原価法とは

期末棚卸資産を評価する場合に、その決算期の最も終わりに仕入れたものの取得原価によって期末棚卸資産の原価とする方法。実質的に時価に近い価額で評価することを意味する。なお「法人税法」では、法人が棚卸資産の評価方法を選定、届出をしない場合には最終仕入原価法によるものとみなすことになっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。