普通養老保険

法人保険用語辞典

普通養老保険

普通養老保険とは

被保険者が保険期間内に死亡したときにも、満期時まで生存したときにも保険金を支払う生死混合保険の典型的なものであり、保険期間と保険金額が同一の死亡保険と生存保険を組合わせた保険である。すなわち、死亡保障と貯蓄の両機能を合わせ持つ保険であるため、家族保障、老後保障のほか、結婚・住宅・教育資金などの準備のためにも役立つ。昭和30年代半ば頃から定期付養老保険が普及してきたため、これと区別する意味から、生存していても死亡しても同額の保険金を支払うほえkんを普通養老保険とよぶようになった。なお、簡易生命保険においては、普通養老保険の呼称を利用しているが、民間の生命保険会社では、単に養老保険と称している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。