普通死亡保険金

法人保険用語辞典

普通死亡保険金

普通死亡保険金とは

死亡保険、生死混合保険において、被保険者が保険期間内に死亡したときに支払われる契約上の金額(特約に基づく保険金は除く)である。一般に、普通死亡保険金は、災害を除く病気による死亡の場合に支払われるが、責任開始の日から一定期間(1年以上としている場合が多い)経過後の自殺・被保険者の犯罪行為による死亡、および被保険者の故意または重大な過失による死亡の場合も支払われる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。