時価発行

法人保険用語辞典

時価発行

時価発行とは

資金の払い込みを伴う有償増資の発行形態で、発行価額(払い込み額)を株式の額面とする額面発行、および額面と時価との間の適当な価額を基準とする中間発行に対し、時価(発行時の株価)を基準とするものを時価発行という。募集形式は、公募と第三者割当に区分されるが、通常では公によるものが多い。日本の時価発行増資は、1990年4月以降、株式市場の低迷を背景に、実質的には大蔵省の指導による発行休止状態が続いていたが、93年12月に大蔵省が「時価発行公募増資の再開について」と題するガイドライン(具体的には、発行企業の条件としてROE10%以上、2割増配の公約等)を示したこと等を受け、94年3月より限定的ではあるが再開した。その後、同ガイドラインについては、証券界等からの早期撤廃ないし緩和の要望が強まり、日本証券業協会がエクイティ・ファイナンスにおけるディスクロージャー充実に向けての基本方針を発表したことを契機に、96年4月に撤廃された。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。