日米円・ドル委員会

法人保険用語辞典

日米円・ドル委員会

日米円・ドル委員会とは

「円・ドルレートの現状および決定要因等について両国が相互の理解を深める」こと等を目的として、1983年11月の日米蔵相協同声明を受け手設置された。大蔵省財務官、財務省次官による計6回の会合後、日本の金融・資本市場の自由化、同市場への参入等の改善、ユーロ市場の拡大、等を主たる合意内容とする報告書を84年5月に提出した。同報告書に基づき、外国証券会社への証券取引所会員権開放、円建て外債市場の規制緩和などの改革が実施された。なお、この後に開催されたフォローアップ会議を前身として、89年から日米金融協議が開始し、現在では日米間の金融問題は主に93年7月から始まった日米包括経済協議で検討されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。