新長期プライムレート

法人保険用語辞典

新長期プライムレート

新長期プライムレートとは

長期信用銀行、信託銀行が優良企業に対して適用する旧来の長期貸出金利(長期プライムレートと呼ばれ、長期信用銀行は固定金利、信託銀行は変動金利)に対し、短期プライムレートに連動させた長期貸出の基準金利をいう。従来、普通銀行では、長信銀の長期プライムレートを長期貸出における指標金利としてきたが、金利自由化の急速な進展に伴い、普通銀行の資金調達に占める市場性資金の比率が高まり、市場金利の変動が直接、銀行の調達コストに大きく影響を及ぼし始めたため、この金利変動リスクを最小限にし、銀行が取引先の資金需要に対して安定的にこたえられる収益構造を維持することを目的として1991年5月に導入されたものである。新長期プライムレートは短期プライムレートに、「起源の利益」相対対価(銀行側から見ると期間リスク)を加えて設定される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。