整理仕訳法

法人保険用語辞典

整理仕訳法

整理仕訳法とは

決算手続のうえで、収益や費用の項目を損益勘定に振り替えるわけであるが、収益・費用の項目のうち多くの種類を持つ項目については中間に集計する勘定を設け、一度、ここでまとめてから損益勘定に振り替える。これを整理仕訳法または間接仕訳法という。

たとえば、多くの種類の商品を販売している場合に、販売益勘定を設け、あるいは多くの減価償却資産を所有している場合に減価償却費資産を設け、いずれもこの中間の勘定を経由してから損益勘定に振り替える。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。