擬制負債(quasi debt)

法人保険用語辞典

擬制負債(quasi debt)

擬制負債(quasi debt)とは

法律上の債務としての性質を備えているものではないが、特定の支出あるいは損失に備えるために負債になぞらえて計上することが認められているものをいう。企業会計のうえでは、引当金と呼ばれているものがこれに相当すると解されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。