損益法

法人保険用語辞典

損益法

損益法とは

損益計算の方法の一つ。収益と費用との差額を計算して損益を計算する。現代の企業は永続企業であり、期間損益計算に基づいており、会計帳簿から誘導して損益計算書を作成している。こうした事情は、誘導法による賃借対照表の作成にもみられる。現代企業における損益計算のうえで、損益法は重要な役割を演じているが、損益法だけで十分というわけにはいかず、財産法によって補完されている。その例として、棚卸資産に対する実地棚卸の採用などがあげられている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。