損益分岐点(break-even point)

法人保険用語辞典

損益分岐点(break-even point)

損益分岐点(break-even point)とは

商品の生産、販売に要した経営費用と商品販売によって得た収益とが均衡し、利益もなければ損失も生じない売上高または操業度を損益分岐点という。損益分岐点は収益と費用との相互関係として理解される。総費用を生産、販売の変化に伴って変化する変動費、それと無関係に発生する固定費とに分解することによって、損益分岐点は次の式で求められる。損益分岐点=固定費÷{1-(変動費÷売上高)}

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。