損益分岐点(break-even point)

法人保険用語辞典

損益分岐点(break-even point)

損益分岐点(break-even point)とは

企業の収益の計算上、損失と利益との分れ目となる売上高をいう。すなわち、その売上高を超えて販売すると利益が発生するが、反対にその売上高に達しない場合には損失となる。

損益分岐点は景気の変動に対して敏感で、好況期には低く、不況期には高くなる。これは、好況期には低く、不況期には高くなる。これは、好況期には販売価格が高くなり、売上高が増大して変動費率が低下し、損益分岐点が引下げられるわけだが、不況期には反対の現象が発生することによる。

なお、損益分岐点の計算式は次の通り。
損益分岐点=固定費÷(1-変動費÷売上高)

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号