指標銘柄

法人保険用語辞典

指標銘柄

指標銘柄とは

長期金利・債券相場をみるうえで指標的・代表的な役割を果たしてると市場でみなされている銘柄を指す。長期金利の指標としては、債券固有の信用リスク・プレミアムを含まない国債が最も適当と考えられるため、通常、市場での取引量が最も多い国債が指標銘柄となる。指標銘柄は業者間の取引において自然発生的に形成されていくものだが、指標銘柄となるためには、発行量が多く流動性が高いこと、残存期間が指標とされる期間(日本の国債では10年)に近いこと、などが要件となる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。