持分法(equity method)

法人保険用語辞典

持分法(equity method)

持分法(equity method)とは

親会社が、関連会社の業績を評価して、親会社の投資勘定の価額を修正する方法。親会社は、関連会社の株式を投資勘定として所有しているが、関連会社の業績がよくて、利益を計上すると、所有している株式数によって按分計算した分だけ、投資勘定の価額を増加させる。反対に損失を出すと投資勘定の価額を減少させる。このように、持分法は、関連会社の業績を、親会社の持分に見合って、投資勘定に反映させる方法である。連結決算では、連結する会社の、それぞれの財務諸表を纏めて連結財務諸表を作成するから“総額連結”とも称せられる。また、これに対して持分法は、投資勘定に反映させる方法で“純額連結”や“一行連結”などとも呼ばれる。なお、持分法は非連結子会社にも適用される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。