拘束預金

法人保険用語辞典

拘束預金

拘束預金とは

銀行から借入を受けている場合に、借り手が事実上引き出せない預金を指す。具体的には、「歩積み」、「両建て」の名で呼ばれており、貸出実効金利を名目金利から乖離させる要因となっている。もっとも、近年の金利の自由化の進行による貸出金利設定方式の見直し等から、拘束預金への依存度は低下してきているといわれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。