抜き取り検査(sampling inspection)

法人保険用語辞典

抜き取り検査(sampling inspection)

抜き取り検査(sampling inspection)とは

一定の製品または部品の中からある定められた少数の品物を抜き取って検査し、そのうち不良個数が合格判定個数以下ならば一定製品または部品は全部合格、合格判定個数を超える場合は不合格とする検査方法。

この抜き取り数や合格判定個数は、製品によって統計的にあらかじめ検討され決められる。このような抜き取り検査が適さない製品の場合には、1個1個を検査して、その合否を決める全数検査が行われる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。