当座比率(quick ratio)

法人保険用語辞典

当座比率(quick ratio)

当座比率(quick ratio)とは

貸借対照表による財務比率の一つ。当座資産を流動負債で割り、100を掛けて算出する。この比率は100%以上であることが理想とされる。これは流動負債を返済する場合、その返済に充てる資産のうち、たとえば棚卸資産は資金化に時間がかかるのでこれを外し、直ちに“かね”にして返済することができるのが当座資産で、それには流動負債を上回っていることが望まれる。酸性試験比率ともいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。