建設利息

法人保険用語辞典

建設利息

建設利息とは

会社は利益がなければ配当できないが、その例外として鉄道、電力などの事業のように会社の設立後、建設期間が長期にわたる場合には、建設期間中に利息を配当することを認めるもの。厳しい要件が定められており、事業の性質上、会社設立後2年以上、営業全部の開業ができないときに裁判所の認可した定款の規定によって開業前の一定の期間年5%を超えない配当を行うことができる。建設利息は繰延資産とすることができるが、その後、営業を開始して利益による配当を行うようになると、年6%を超える配当をするたびにその超過額以上、たとえば年8%配当の場合には2%以上の額を建設利息の消却に充てなければならない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。