差額原価(differential cost)

法人保険用語辞典

差額原価(differential cost)

差額原価(differential cost)とは

生産量が増減すると原価も増減するが、この変動する部分をいう。増加する場合を増分原価、減少する場合を減分原価と称する。価格政策、販売戦略、設備投資計画など経営意志の決定によく使われる。差別原価ともいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。