工業簿記(manufacturing book-keeping)

法人保険用語辞典

工業簿記(manufacturing book-keeping)

工業簿記(manufacturing book-keeping)とは

工業生産を行う経営で用いられ、原価計算を取入れた簿記をいう。工業経営では製造活動を行うから原価計算を実施して記録、記帳を行うことになり、工業簿記が普及する。ただし、工業経営でも原価計算を採用しない場合もあり、商的工業簿記を実施している例もある。商的工業簿記を不完全工業簿記と呼び、工業簿記を完全工業簿記と称することもある。工業簿記は、製造活動を含むために勘定科目や記帳の数が多く、たとえば材料、労務費、経費、製造間接費、製造など独特の勘定が用いられる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。