小口預金

法人保険用語辞典

小口預金

小口預金とは

預入単位が小口の預金といった程度の概念で、個人預金者の預金が漠然と想定されている。このように預入単位がについて明確な定義はないが、1,000万円以上の定期預金が大口預金と呼ばれることと対比して用いられてきた。すなわち、定期預金金利の自由化の過程において、小口MMCの最低預入金額が当初300万円に設定されたり、定期預金金利が完全に自由化された1993年6月以降や300万円が基準とされることが一般的となっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。