専門銀行主義

法人保険用語辞典

専門銀行主義

専門銀行主義とは

金融機能を分野ごとに区別し、それぞれの分野ごとに専門の金融機関を存在させる制度。銀行分業主義ともいう。日本では、長期金融専門銀行制度、外為専門銀行制度、中小企業金融専門制度等がこれにあたり、欧米に比べ専門銀行主義が徹底していたといえる。もっとも、近年における金融の国際化、自由化の進展、普通銀行の長期貸出・中小企業向け貸出の伸長、長信銀の短期貸出の増加等を背景に、金融機関同士の同質化が進んできている。さらに、1993年には、金融制度改革法の成立を受け、子会社方式での他業態参入が認められ、専門銀行主義は制度的に形骸化しつつあるといえる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。