寡占(oligopoly)

法人保険用語辞典

寡占(oligopoly)

寡占(oligopoly)とは

独占形態の一種。少数の企業が市場の大部分を支配し、市場価格にかなりの影響を及ぼす状態をいう。寡占状態の下にあっては、少数の企業が市場に大きな影響力をもつので、生産量の調整によって市場価格を引上げたり、あるいはこれと反対に引き下げたりして、新しく企業が特定製品の分野に進出してくるのを妨げるケースが多い。

また寡占企業同士の間では、暗黙のうちに寡占価格が形成されるが、寡占企業間の競争は技術革新、広告、販売サービスなどによって行われることが多い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号