実効為替レート

法人保険用語辞典

実効為替レート

実効為替レートとは

ある国の通貨価値を示す指標としては、市場では、代表的な2国間為替レート(多くの場合対米ドル・レート)が用いられることが多いが、理論的には、貿易やその他各種取引の相手国すべての通貨との間の関係を考慮する必要があり、2国間レートでは不十分である。そこで、経済分析等においては、ある国と直接・間接に貿易等の取引関係にある主要な国の通貨との間の2国間為替レートを、そうした関係の大きさによって加重平均した為替レートが用いられることが多く、これを実効為替レートという。加重平均のウエートとしては、分析目的に応じて、輸出金額、輸入金額、貿易額、貿易収支等が用いられる。2国間の名目為替レートを加重平均したものあh「名目実効為替レート」、物価上昇率の差を控除した実効為替レートを加重平均したものは「実質実効為替レート」と呼ばれ、国際競争力の分析等には後者が用いられる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。