定率法(fixed rate method)

法人保険用語辞典

定率法(fixed rate method)

定率法(fixed rate method)とは

固定資産について行う減価償却の方法の一種。毎決算期における固定資産残高に、次式により算出した一定の償却率を乗じて計算した減価償却額を実施する。原価償却率=1-n√(残存価額÷固定資産取得原価)(n=耐用年数)定率法によると、固定資産の新しい段階で償却額が多く、古くなるにつれて償却額がしだいに減少する。固定資産の陳腐化、機能低下などを考えると、早期に多額の減価償却費を計上できる定率法が望ましいとされる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。