定期預貯金等付帯傷害保険

法人保険用語辞典

定期預貯金等付帯傷害保険

定期預貯金等付帯傷害保険とは

定期預金、定期積金、信託または債券とセットされた交通事故傷害保険またはファミリー交通傷害保険。貯蓄金等の利息から保険料相当額が自動的に引落される。保険金の種類には、死亡・後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金があり、それぞれの保険金額は定期預貯金等の額によって定まる仕組みとなっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。