安定株主(strong stockholder)

法人保険用語辞典

安定株主(strong stockholder)

安定株主(strong stockholder)とは

会社の業績や一時的な変動に関係なく、長い期間安定して株式を所有する株主。これに対して、株価が上がるとすぐ売るような株主を浮動株主とか不安定株主という。金融機関や事業会社などの法人株主は営業上の関係などから比較的長期に持つことが多かったため、一般には法人株主が安定株主で、個人株主が浮動株主とされてきた。しかし、1990年代に入ってバブルが崩壊して以降、企業業績の不振や株式相場の低迷が続いたうえ、経済構造の変化に伴って企業間の取引関係といわれてきた金融機関や事業会社が持ち株を手放す動きが続いている。安定株主が安定ではなくなってきたわけだ。彼らに変わって内外の機関投資家の持ち株がふえているが、こうした機関投資家に安定株主になってもらうには、ディスクロージャーを徹底するとともに、業績の向上によって株式の価値を高めていく必要がある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。