安全資産

法人保険用語辞典

安全資産

安全資産とは

収益の予見性を基準とした分類に基づく金融資産の概念。収益性は低いが、予想収益率の分散が低く、キャピタル・ロスの発生の可能性も少ない金融資産を指す。一般的には現金や預金は一応は安全資産とみなすことができるが、物価上昇に伴う実質価値の目減りや金融機関の倒産まで考慮に入れれば、常に安全であるとはいい切れない。また、国債は債務不履行のリスクが無いことから、一般事業債との比較では安全資産といえるものの、途中売却時の利子率変動リスクを有している。このように、あくまでも投資家が、投資対象資産の将来収益について、どのような予想と尺度を持っているかに依存する概念であることに注意が必要。なお、すべての投資家が危険回避者であり、また将来収益について同一の予想と尺度を持っていれば、安全資産の収益率は危険資産の収益率を下回るはずである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。