大陸式決算法

法人保険用語辞典

大陸式決算法

大陸式決算法とは

決算を行い、会計帳簿を締め切る際に大陸式と英米式との二つの方法がある。うち大陸式はドイツ、フランス、イタリアなどヨーロッパ大陸の諸国で行われてきた方法であるが、閉鎖残高勘定(残高勘定ともいう)を設けて、資産、負債・資本の各勘定をこれに振り替えて貸借が一致することを確認する。次期に開始記入を行う場合には開始残高勘定を設けて、各勘定に振替仕訳することになるが、これに代えて資産、負債・資本を相互に相手勘定として記入する方式も行われている。

大陸式決算法では、すべての勘定記入を仕訳帳を通じて行い、また残高勘定によって貸借の一致を検証できる点が特色とされるが、一方では、実務のうえで手数がかかりすぎるとの批判もある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号