大量生産方式(mass production system)

法人保険用語辞典

大量生産方式(mass production system)

大量生産方式(mass production system)とは

同じ製品を大量に能率的に生産すること。一般にベルト・コンベヤーによる流れ作業方式をとることが多い。大量生産は生産工程を単純化し、部品や製品を規格化すると同時に移動組み立て法を採用することが必要である。大量生産方式に対し、1品ごとに生産するものを個別生産方式、化学工業のように原料から製品まで生産工程が連続化されているものをプロセス生産方式という。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。