大数の法則(law of large numbers)

法人保険用語辞典

大数の法則(law of large numbers)

大数の法則(law of large numbers)とは

サイコロを振って1の目の出る確率は、振る回数を増やせば増やすほど6分の1に近づいていく。すなわち、ある独立的に起こる事象について、それが大量に観察されればされるほどある事象の発生する確率が一定値に近づくということであり、これを大数の法則という。個々人にとっては偶発的な事故であっても、大量に観察することによってその発生率を全体として予測できるということになる。保険料算定の基礎数値の一つである保険事故の発生率は、大数の法則に立脚した統計的確率にほかならない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。