大口融資規制

法人保険用語辞典

大口融資規制

大口融資規制とは

銀行資産の危険分散、資金の適正配分を図る趣旨から、金融制度調査会の特別委員会がまとめた「大口融資規制に関する答申」(1974年11月14日)を受けて、銀行局長通達として74年12月25日から実施され、81年の銀行法改正で法制化された。規制される信用供与の範囲は貸付のほか、外貨建て貸出や海外店貸出も含まれる。規制の基準は一債務者に対する貸出金の合計額が、普通銀行については広義の自己資本の20%、長期信用銀行および信託銀行は同30%に相当する額を越えてはならないとしている。87年度からは、同一人に対する貸出限度規制に加え、貸出金以外の信用供与も含めた信用供与限度や関連子会社に対する信用供与も含めた信用供与限度が導入されているが債券や株式は限度に含まれていない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。