外-外取引

法人保険用語辞典

外-外取引

外-外取引とは

ある国からみて、非居住者(=外)同士が行う取引をいい、当該国への資金の流出入を伴わない取引のこと。オフショア取引を外-外取引に限定することで、国内金融市場への影響を遮断することができる。実際、内-外取引も含め完全に自由化されているロンドン市場に対し、ニューヨーク(IBF)や東京(JOM)のオフショア市場はこうした分離方式をとっている。もっとも、日本の為替銀行が国外が外-外取引(国外で資金を調整し、国外で運用するようなケース)を行った場合、国内外間での資金流出入は生じないが、国際収支上では、投資収支勘定に計上される扱いとなっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。