売出手形

法人保険用語辞典

売出手形

売出手形とは

日銀がインターバンク市場の資金余剰を吸収するために売却する手形。1971年に、外国為替資金特別会計の大幅払い超に伴う余剰資金を吸収するために、短資会社に対する日銀保有政府短期証券の売却を補完する措置として導入された。日銀を振出人、受取人および支払人(引受人)とする3ヶ月以内の為替手形で、通常は短資会者を通じてコールまたは手形市場に売却するが、必要の際には金融機関に直接売却することもある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。