売上高比率法

法人保険用語辞典

売上高比率法

売上高比率法とは

売上高百分率法ともいわれる。広告予算設定法の一つ。売上高の一定比率を広告費とする方法。通常は前期の売上高に一定比率を掛けて算出する。計算しやすいこと、比率を過去の経験や業界の動向から導きやすいこと等の理由でよく利用されている。業界の競争状況が比較的安定しているときには有効とされる。しかし、広告と売上高との関係が常に一定とはいえず、設定の根拠が明確でないという批判がある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。