売上債権(receivables)

法人保険用語辞典

売上債権(receivables)

売上債権(receivables)とは

受取手形、売掛金などの勘定を合わせて呼ぶもので、売掛債権、受取勘定などともいう。信用経済の発達した現在では、会社は販売活動によって代価を全額、現金で入手することはなく、売掛金や受取手形の形で受け取り、後日、決済するのが普通である。売上債権は短期間に支払いを受けて現金とすることができるわけであるが、景気が悪いときにはその期間が長くなり、会社の資金繰りに影響を及ぼす。売上債権は、取引の相手先を信頼していることが前提となる。相手先の倒産、不渡りなどによって現金化できない場合もあるから、それに備えて貸倒引当金を設定するが、貸借対照表のうえでは、売上債権の各項目からあるいは一括して貸倒引当金を差し引いた形で示す。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。