売り手集中度

法人保険用語辞典

売り手集中度

売り手集中度とは

製品やサービスの供給者、つまり売り手が市場でどれだけの影響力を持っているかの度合いを示したもの。取引される製品が同質で、売り手が多数のときは売り手の価格氏支配力は弱い。もっとも、売り手が多数でも、製品差別化が行われていれば、売り手の支配力は強まる。ある商品市場に売り手が1人しかいないときは、これを売り手独占といい、価格支配力は最も強いが、実際には独占は数少ない。売り手が2人以上だが、少数のときを寡占といい、売り手の集中度は高い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。