増資(increase of capital)

法人保険用語辞典

増資(increase of capital)

増資(increase of capital)とは

会社が資本金をふやすこと。払込金をとって新株を発行する有償増資には、割当募集による方法と公募による方法がある。

割当募集のうち株主に割り当てるのが株主割当増資で、取引先など特定のところに限って割り当てるのが第三者(縁故者)割当増資である。公募は不特定多数の一般投資家を対象とするものだ。株主割当増資は新株を額面で割り当てる額面割当増資と、時価と額面の中間の価格で割り当てる中間発行増資とがあったが、2001年10月施行の改正商法で額面制度が廃止されたため、現在は新株引受権を付与する形になっている。公募の場合は時価に極めて近い価格(時価発行)で発行するのが一般的。

有償増資は①設備投資や長期運転資金の調達②資本構成の是正③株主作り――などを目的に行われる。一方、株主から払込金を取らない増資もある。資本準備金などの資本金への振り替えによって株式分割を行ったときがそれに当たる。有償増資はかつて額面割当増資が主流だったが、1970年ごろを境に、公募による時価発行増資に中心が移っていった。80年代は時価発行増資に加え、転換社債の株式への転換や、ワラント債のワラントの権利行使に伴う資本金増加(迂回増資)も目立った。しかし、90年代に入り、株主資本利益率(ROE)の著しい低下などから企業は増資に慎重になった。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。