境界体(borderline risk)

法人保険用語辞典

境界体(borderline risk)

境界体(borderline risk)とは

境界危険体ともいう。各被保険体のリスクは、過去の経験による保険統計から、これを数量化することができる。基礎となる死亡表の死亡率を100とし、これに対する死亡率比(死亡率数)が125ないし130(会社によって異なる)より小さい被保険体を標準体、これより大きい被保険体を標準下体、境界線上の被保険体を境界体という。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。