垂直統合(vertical integration)

法人保険用語辞典

垂直統合(vertical integration)

垂直統合(vertical integration)とは

市場での取引を社内での取引に置き換えること。たとえば合成繊維会社が合繊の原料であるレジンを外部の会社から買っていたのを取り止め、自社で製造に乗り出したり、あるいは製造だけに専念していた自動車メーカーが販売会社を買収して、製販一体の会社に変身するなどの場合がこれに当たる。製造会社が原料部門に遡って統合する場合、これを川上統合、販売部門などのように消費者や顧客に近い部門を統合する場合を川下統合と呼んでいる。垂直統合の最も進んでいるのは米国のGMで完成車の価値の約65%が内製品やサービスで占められている。しかし、最近では垂直統合は効率が悪いとして、内部取引よりも市場取引を選ぶ方向に米国企業は進んでいる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。