国際会計基準(international accounting standard)

法人保険用語辞典

国際会計基準(international accounting standard)

国際会計基準(international accounting standard)とは

国際的な取引が拡大し、国際的な規模で活躍する企業が増加しているが、こうした事態のもとで企業の公表する財務諸表が国際的に利用される場合もふえている。ところが、財務諸表は他の国で誤解を招くことも懸念される。このため、国際的に統一した会計基準を設定して各国ともこれに従って財務諸表を作成することが望ましいとされるようになった。1973年6月、英国、米国、カナダなど各国の会計士協会が中心となって国際会計基準委員会が発足し、以後、加盟する国がふえながら基準の設定と取組んできている。これまでに取り上げてきた項目は、会計方針の開示、棚卸資産、連結財務諸表、有形固定資産、財務諸表に開示されるべき情報、キャッシュ・フロー計算諸などをはじめ多面的である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。